転職エージェントとの初めての面談!どんな内容?聞かれる質問は?

使いこなせ!転職エージェント

「初めて転職エージェントと面談するんだけど、何するの?どんなこと聞かれる?」

転職エージェントとの面談で一番気になるのは、やはり何を質問されるかでしょう。
大手転職エージェントでは初めての面談では約2時間程度、じっくりとあなたの全てを知るように時間をかけます。

ではどんなことをエージェントは質問するのでしょうか?
ここでは予想される質問などをお教えします。

もちろん、職歴やあなたの転職希望、今後のキャリアプランに関することは当然聞かれます。
さらには趣味や休日の過ごし方などフランクな内容も質問されたりもします。

あなた自身の会社での働き方だけでなく、人生観などをふまえてどんな企業にあっているのかをエージェントは探っているのです。
必要以上に身構えることはないですが、質問にはすべて意味があると思って良く考えて答えましょう。

そのためには、質問に対しを前もって知っておくことが大切です。
ここで学んでください。

面談中、何かこちらから聞きたいことがあれば聞くべきです。
エージェントの多くは親切ですので、遠慮せずに疑問点は解消しましょう。

転職エージェントとの面談で予想される質問

大きく分けて「転職について」「仕事について」「あなた自身について」の質問がされます。
これは本番の企業の面接と似たような質問内容です。

転職についての質問

まずは、今回転職をするに至った理由が聞かれるでしょう。

これにはある程度本音で答えてもいいと思います。
しかし、それに加えて前向きな理由も考えておきましょう。
後ろ向きな理由だけでは、転職に本気で挑むのか疑問に思われてしまいます。

エージェントの聞き方次第ですが、どのような転職先を探しているかを質問されます。
具体的にどんな企業に転職したいのですか、と聞かれるかもしれません。
ある程度こんな企業のこんな職種に転職したいと、具体的に答えるとエージェントも提案がしやすいと思います。
自分がどんな転職をしたいか良く考えておきましょう。

反対に「こういうところには転職したくないとかはありますか?」と聞かれることもあるでしょう。
これも素直に答えましょう。
例えば「ベンチャー企業は嫌です」とか答えましょう。

初めての面談では、転職に関する質問よりは、あなた自身に関することが中心になるかと思います。
あなたがどういったところに転職したいかは重要ですが、それよりもエージェントはあなたにどんな企業を紹介できるかを考えています。
そのためあなたの職歴や知識、仕事に関する考えを聞く方に時間が割かれるでしょう。

仕事についての質問

職務経歴書の内容について説明するように求められるでしょう。
職務経歴書に書いた内容について、何を聞かれてもすべて答えられるように準備しておきましょう。

面談前の準備については以下の記事で述べています。
参考
転職エージェントとの初めての面談!準備は何をすればいいのだろう?

初めての面談ではこの職務経歴書に基づいた質問が主になります。

あなたが仕事をする上で何を大事にしてきたか?何をモットーとしているか?など仕事に対する考えも聞かれます。

この質問では、あなたが職場の同僚にどんな影響を与える人なのかを聞かれているのです。
多くの企業の採用担当者は「周りを巻き込み仕事を成し遂げる」的な人物像を求め、エージェントにもそのような人を探すように依頼しています。
前もってそのような人に思われるような答え方を用意しておきましょう。
例えば、具体的に仕事での成功事例をあげて、周りとどのように困難を乗り越えたかを説明するのもいいでしょう。

今後のキャリアプランも質問されるでしょう。
仕事に対してどれだけ真剣に向き合っていくのかが質問の意図です。

多くの企業は仕事に対して熱中できる人を探しています。
きちんとキャリアプランを説明できない人は、仕事に真剣に向き合っているとは判断されないでしょう。
仕事より趣味に生きたいのが信条だとしても、それをエージェントに言っても転職できません。
どうしても転職したいのなら、仕事人間と思われるようにしましょう。

この先自分はどう出世していきたいか、などを良く考えてキャリアプランを説明できるようにしておきましょう。

あなた自身についての質問

今どんなところに住んでいるか、休日は何をしているのかなどざっくばらんに多岐にわたって質問されるでしょう。

転職に関係ないような質問をして油断させといて、あなたの本当の性格などを探ろうとしています。
明るく前向きな人だと思われるように答えてください。

長所や短所も質問されるかもしれません。
短所については、ただ答えるだけではなくそれを改善していきたいという意思も示してください。

あなたに自身についての質問は、企業にエージェントが自信を持って紹介できる人なのかを総合的に判断するための質問です。
媚びるような答え方はする必要はありませんが、普通に考えて変な答え方はしないようにしましょう。

求人案件の紹介は転職エージェントとの面談結果次第

面談の結果、この人に企業を紹介してもいいと判断されたら社名が記載された求人票がもらえます。
その場では何ももらえず、希望に合った求人がでたら送ります的なこともありますけどね・・・。

紹介を1社しかしてもらえない時もありますが、複数の企業を紹介されるのが普通です。

その場で求人票がもらえた場合は、詳しい内容や応募に必要な書類などの説明をしてもらえますので、しっかり聞いて以下のような質問をしましょう。

求人票がもらえたら質問すべき内容

  • 紹介された求人案件の募集の背景(人員増なのか退職なのか)
  • 担当エージェント経由で過去にその企業に転職した人がいたならば、その人たちの特徴
  • 上司になる人はどんな人か
  • 企業はどんな人を求めているのか(性格的な点、能力的な点)
  • 企業の社風
  • 採用された場合、いつまでに入社しなくてはならないのか

など。
後で電話で聞いたりメールなどで質問もできます。

これらの質問は企業に提出する職務経歴書をさらに良くするために必要なものです。
必ず質問しましょう。

本サイトで、転職エージェントとの面談について学んでから、自分に合う30代後半におすすめの転職エージェントを探して登録するのもいいでしょう。
30代後半が登録すべき転職エージェント!その選び方とは?

私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで、転職が初めての人におすすめです。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談時に、時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれました。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェントです。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思います。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できます。

JAC Recruitment ジェイエイシーリクルートメント

売上規模で業界3位の大手転職エージェント。
登録した転職成功者の7割以上が30代後半で、まさしくこのサイトおすすめの転職エージェントでしょう。

外資系に強いコネクションを持っていて、外資系に転職したい人は必ず登録すべき転職エージェントの一つです。
日本企業も多くの求人情報があり、マネージャー職以上のハイクラス層が主なターゲットとなっています。
築いた経歴に自信がある方、よりステップアップしたい方は登録すべき転職エージェント。
他の転職エージェントでは紹介されないシークレットな求人案件に出会える確率が高く、個人的には一番お世話になった転職エージェントです。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録すべき。
ライバルに負けないためにも情報は多く持っておくべきです。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、どのエージェントもやる気があり、弱気になりがちな私たち転職希望者を勇気づけてくれます。
転職を希望する人なら必ず登録するべき最大手転職エージェントです。
もちろん拠点も全国にあります。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くの人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれました。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立ちます。
拠点も全国にあり。

使いこなせ!転職エージェント
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント