30代後半の転職を成功に導く!意識すべきたった1つのこととは?

30代後半が転職を成功させるには、あることを第一に意識して行動すればよい!

それは、転職活動をしている人が意識しているようで、実はあまり意識していないことです。
30代後半の転職において、そのことをしっかりと意識して転職活動をすることが成功につながります。

スポンサーリンク

30代後半の転職は不安?

30代後半になって転職活動を始めた皆さんは、大きな不安にかられている事ではないでしょうか?

35歳を超えると転職が厳しくなる「35歳転職限界説」なんてのも、まことしやかに言われています。
実際、もうすでに転職活動を始めている方は、あることを意識せずに行った結果、厳しさを感じているかもしれません。

では、この不安が感じられる30代後半の転職を成功させるにはどうするべきか?
それが一番初めに述べたことなんです。その方法とは、今から述べるたった1つのことを胸に刻んで転職活動を行うこと、です。

私の転職履歴について

私は30代後半から転職を複数回しましたが、全て2ヵ月以内に内定をもらいました。
書類選考に限って言えば、8割の通過率です。
それはあることを意識して転職活動をしたからに尽きます。

このあることを意識することの大切さに気づいた理由などを含めて、少し私の転職履歴について話したいと思います。

まず私のすべての転職回数は人よりかなり多く、四捨五入すると10回になります(ここは曖昧にさせていただきます)。
どんな転職をしてきたのか簡単に書いていきます。

20代はポテンシャル評価

まず新卒では、なぜか某巨大有名企業に入社できまして、一生懸命働いていました。
同僚は有名大学ばかりで、普通の大学卒の私は少し浮いた存在。

入社後しばらくすると転職する同僚が出てきました。
話を聞いてみると、今より断然良い給料条件で転職していました。
私も優秀な同僚と同じように転職できるのでは?と勘違いして、待遇アップを目指して転職しようと考えてしまったんです。
結果、会社のネームバリューでうまく転職できました。

「転職って意外と簡単?」と勘違いし始めた私。
その後もなんだかんだと20代で転職を繰り返します。
30代に入っても転職癖は直らず、30代前半までにまた複数回しました。

ここまでは、怖いもの知らずである意味幸せな転職活動でした。

35歳転職限界説?

35歳を過ぎて、同じように転職できるだろうと懲りずにまた転職活動を始めました。
ですが、パタリと全くうまくいかなくなったのです。
あれだけ20代では通っていた書類選考が通らず、面接すらいけない状況。

これが噂の「35歳転職限界説」か?

ここで、今までの転職と何が違うのか色々と考えてみました。
若いころの転職を振り返ると、最初は有名企業のネームバリューのおかげです。
その後の転職においては、自身の能力を強く押し出し、熱意とやる気をアピールした結果でした。

つまり、単純に自分のポテンシャルが評価されただけでした。
「有名企業に入社できたのだから地頭が良いのかな」「これだけ熱意とやる気があるなら結果を出してくれるだろう」という理由で転職できたのです。

しかし30代後半の転職ではポテンシャルは評価対象ではなくなったのです。
企業が30代後半の人に期待することは、「やって欲しい仕事ができる人」です。
すなわち「即戦力」。

つまりいくらこちらの能力ややる気をアピールしても、企業が求めている事でなければ、全く意味がないのです。
20代なら、未来の活躍を考えて採用されていたのでしょう。

そこで30代後半の転職に必要なものは何か?と考え、転職活動においてあることを意識することの大切さを再認識したのです。

「企業の思い」を第一に

転職は自分がしたいからできるのではなく、企業が自社の問題解決のために人を求めているからできるのです。

ある意味当たり前かもしれませんが、企業が求めているから転職ができるという、企業目線を意識した転職活動をしている人が少ないのが現実なんです。

私は現在、他人の職務経歴書を見る機会があるのですが、自分のことしか考えていない一方的な内容の職務経歴書が目につきます。
企業側が考えているこういう人が来てほしいという「企業の思い」を無視し、求めていないような能力や経験をアピールする人が多すぎます。

完成だけを考えて、とにかく作ればいいやと思っているのでしょうか?
上で述べたように、20代ならそれでも書類選考は通過する事もあるでしょう。
でも30代後半からの転職ではダメです。

私は、30代後半からは企業は何を考えて人を求めているか、つまり「企業の思い」を意識して転職活動を行ってきました。
結果、採用担当者の印象に残る職務経歴書を作成でき、上で述べたように書類選考は8割通過しました。
かなり高いのではないでしょうか。
面接においても同様に企業側の視点に立って、印象に残るような回答をする事に努め、転職を複数回成功させました。

今すぐこの「企業の思い」を意識した転職活動の具体例を知りたければ、以下の職務経歴書の作り方のコツを説明したものが分かりやすいでしょう。

30代後半で書類選考通過率8割!職務経歴書の作成の3つのポイント

30代後半からの転職においては、この「企業の思い」強く意識して、転職活動を行うのが絶対です。
結果が違ってくると思います。

このサイトでは「企業の思い」を意識して、30代後半の人はどのように職務経歴書を作ればいいか、面接を受ければいいかなどの転職活動のやり方について説明していきます。
分かりやすく示していきたいと思っています。

メニューのカテゴリーから気になるものを選んで読んでみてください。

また転職が初めての人には、転職活動のやり方と成功のコツを転職活動を進める順番に説明していく、おすすめのコンテンツがあります。

【30代後半の転職】成功への道

あなたの転職活動が早く終わることを、願っております。