便利!職務経歴書のフォーマット・テンプレート【無料ダウンロード】

職務経歴書の極意

「職務経歴書を作成したいが、どんな形式で書くべきかわからない…」
そこで頼るのが職務経歴書のフォーマット・テンプレートです。
転職が一般的になった今では、数多くのものがあふれ、様々なサイトで公開されています。

ではどこのサイトのものを使えばいいか?
基本的には大手転職エージェントが公開しているものを使えばいいでしょう。
ノウハウが蓄積しており、最低限通用する職務経歴書を作れるようにはなっているからです。

ですが、あくまでも最低限です。
何も工夫しないままでは、書類選考を通るのは厳しいでしょう。
どうしたら、ライバルより自身の職務経歴書を目立たせることができるのか?

私は転職回数が約10回のいわゆるジョブホッパーです。
転職をする度に職位と年収を上げ、国内企業から外資系企業、そして様々な業界を渡り歩いてきました。
そんな私が経験から得た職務経歴書の作成ポイントについて、この記事の最後に書いてあります。
よろしければお読みください。

まずはとりあえず、職務経歴書を作りましょう。
ここでは大手転職エージェントの職務経歴書のフォーマット・テンプレートをまとめています。
それぞれの特徴なども書いてありますので、自分に合った使いやすいものが見つかると思います。

下記の大手転職エージェントのサイトから、お好きなファーマット・テンプレートを選んで、職務経歴書を作成してみてください。
己の力で一から職務経歴書を作ってみる、これは大変有意義なことです。
自分の今までの職歴を見つめ直すことができ、今後の転職活動をどうやっていくべきかの指針になるでしょう。

少し上で述べましたが、実は職務経歴書をどんな「形式」で書くべきかなんて、書類選考を通過するためにはたいして重要ではありません。
どんな形式であっても、ある「内容」が書いてあれば書類選考は通ります。
ではそんな職務経歴書とは何か?
まずは、自分なりに一度考えてみてください。
この記事の最後にポイントをまとめていますので、参考に。

大手転職エージェントのフォーマット・テンプレート集

以下に大手転職エージェントの職務経歴書のフォーマット・テンプレートを集めました。
すべて無料で、wordファイル形式でダウンロードできます。

職務経歴書は書類選考の判断材料に必要なものですが、その後の面接などにおいても使用されます。
あらゆる選考過程で、あなたについての基礎資料となる重要なものなのです。

さらに面接では質問に対してその場で言い直しなどができますが、この職務経歴書は一度提出したら変更できません。
ですから、すべての転職活動の中でも一番力を入れるべきで、提出する間際まで何度も手直しをしてください。

ここで紹介する職務経歴書のフォーマットは転職エージェントごとに特徴がありますので、以下で説明していきます。
ご自身で実際にそれぞれの職務経歴書をダウンロードして、気に入ったものをもとに職務経歴書を作成してみてください。

リクナビNEXT

ダウンロードですぐに使える!職務経歴書テンプレート

職務経歴書をかんたん作成!フォーマットダウンロード&書き方見本集

リクナビNEXTに会員登録すれば、入力された内容に従って自動で職務経歴書が作成され、Word形式でダウンロードすることが可能です。

様々な職種に応じた職務経歴書の見本が用意されています。
職務経歴書テンプレートは、編年体式やキャリア式などの基本的な6パターンをwordファイルでダウンロードできます。
上で述べたように会員登録すれば職務経歴書が自動で作成できるので、とりあえずまずはそちらで作成するのもいいかもしれません。

このリクナビNEXTのサイトには職務経歴書の基本的な作成ポイントがまとめてあるので、初めての人には分かりやすいでしょう。
その他、職務経歴書関連の記事が多く情報満載です。

その中でも職務経歴書の作成の際に役立つのが、自己分析ツールのグッドポイント診断。リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発された、リクナビNEXTだけの転職希望者向けサービスです。

自分自身を客観的に把握しておくことは、職務経歴書や履歴書などの書類作成には大変重要なことです。
自分では気が付きにくい自身の長所をこのグッドポイント診断で発見し、うまく強みをアピールできるものへと仕上げれば、書類審査を通過する確率を高められるでしょう。
ぜひ活用してください。
こちらのサービスも会員登録が必要です。

doda

職務経歴書テンプレート ダウンロード

様々な職種の職務経歴書のテンプレートをwordファイルでダウンロード可。ほとんどの職種を網羅しています。
職種ごとにwordファイルでダウンロードできるのは便利で、内容を自分の経歴に置き換えて作成していけばいいでしょう。
職種ごとにアドバイスが載っています。

また、職務経歴書作成ツールという便利なものもあり、一から作ることもできます。このツールの作成には会員登録が必要です。

転職者満足度No.1【doda】会員登録

職務経歴書作成ツール

マイナビ転職

職務経歴書(職種別)ダウンロード

こちらも多種多様な職種に応じたフォーマット・テンプレートがあります。
同様にwordファイルでダウンロードできるので、後は自分の経歴を当てはめていけば一応できあがるでしょう。
職種ごとのアドバイスあり。

パソナキャリア

職務経歴書の書き方・サンプルダウンロード

こちらも同様に様々な職種の職務経歴書をwordファイルでダウンロードできます。
一般的なものはあるが、職種ごとのアドバイスはあまりないです。

type転職エージェント

職務経歴書の書き方マニュアル【完全版】

こちらも色々な職種の職務経歴書のテンプレートをwordファイルでダウンロードできます。
他に比べると職種が少ない感じです。
職種ごとのアドバイスあり。

これをやれば書類通過率が上がる!職務経歴書作成の3つのポイント

では興味がある方だけに、ライバルより目立ち、書類通過率が上がる職務経歴書の作成ポイントについて述べます。
私自身の数多くの転職経験から得た(自慢はできませんが…)、企業が求めている職務経歴書を作るコツをお教えしたいと思います。
要点は次の通りです。

ポイント①「企業の思い」を理解しているか?
ポイント②「企業の思い」に当てはまる経歴を書いているか?
ポイント③「企業の思い」に応えた志望動機を書いているか?

この3つのポイントについて下のリンク先で詳しく書いています。

なお、まだ転職エージェントに登録していない人は、上の記事をしっかりと読んで職務経歴書を作成してから登録しましょう。
中途半端な用意で登録しても、あまり良い対応をしてくれないと思います。
職務経歴書がきちんと書けている人には、やはり良い求人案件が提示されるのです。

また30代後半におすすめの大手転職エージェントを紹介しますので、参考にしてください。
特に親身に相談にのってくれたパソナキャリアをはじめ、登録すべき転職エージェントについて特徴などをまとめています。

私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで、転職が初めての人におすすめです。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談時に、時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれました。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェントです。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思います。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できます。

JAC Recruitment ジェイエイシーリクルートメント

売上規模で業界3位の大手転職エージェント。
登録した転職成功者の7割以上が30代後半で、まさしくこのサイトおすすめの転職エージェントでしょう。

外資系に強いコネクションを持っていて、外資系に転職したい人は必ず登録すべき転職エージェントの一つです。
日本企業も多くの求人情報があり、マネージャー職以上のハイクラス層が主なターゲットとなっています。
築いた経歴に自信がある方、よりステップアップしたい方は登録すべき転職エージェント。
他の転職エージェントでは紹介されないシークレットな求人案件に出会える確率が高く、個人的には一番お世話になった転職エージェントです。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録すべき。
ライバルに負けないためにも情報は多く持っておくべきです。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、どのエージェントもやる気があり、弱気になりがちな私たち転職希望者を勇気づけてくれます。
転職を希望する人なら必ず登録するべき最大手転職エージェントです。
もちろん拠点も全国にあります。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くの人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれました。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立ちます。
拠点も全国にあり。

職務経歴書の極意
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント