提出後に気づいた間違い!履歴書・職務経歴書は再提出できる?

転職コラム

今まさに再提出をしようかと思っている方、少し待って!
この記事を読んでからでも遅くはありません。

本来はあってはならないのですが、提出した書類に間違いがあるというのも起こりうることだと思います。
パッと見にはわかりづらい誤字脱字や体裁の不統一ならまだしも、大事なアピールポイントをまるごと脱落したり他の企業用を提出した、なんて顔が青ざめる間違いに気がついたならどうしますか?

さて、このように提出した履歴書や職務経歴書に間違いがあった場合、いかなる手段をとるのが正解なのでしょうか。
転職エージェントを介して応募した場合と自ら企業に直接応募した場合とにわけて考えていきます。
私の体験をもとにしたアドバイスを、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

転職エージェント経由での履歴書・職務経歴書の再提出の可否

まず最初に、転職エージェント経由で転職活動をしていた時の私の体験談について書きます。

私が書類提出の際に大きなミスを犯したのが、「私ってジョブホッパーじゃね?」と自嘲気味に転職活動をしていた30代の半ば頃です。
転職の経験回数が人よりも多く「はいはい、いつものように書類の提出ね」と、ちょっと油断していたのかもしれません。

前日に転職エージェントに送付した応募書類を何気なく見ていた時に、間違いに気がついたのでした。
「あれ?会社の名前間違えてる!」

同時に2つの企業に応募したのですが、なんと両方とも書類に書いてある企業名が同じではないですか!
文章の流れで志望動機に応募企業名を書いたのですが、見事に同じ。
最初に作った企業用の志望動機をコピペして、もう一方の企業用を作ったのですが、企業名を直すのを忘れたのです。
気がついたのが運が悪いことに、とっくに転職エージェントが企業に書類を提出したであろう、翌日の夜…。

すぐに転職エージェントに連絡をしました。
「書類に間違いがある!今すぐ止めろ~!どうにかしろ~!」
とは言いませんでしたが、あせっていたのは事実です。

やはりすでに書類は提出した後でした。
転職エージェントに、素直に会社名を間違えたことを説明し、どうしたらよいかを相談しました。
「そうですか、こちらも確認し忘れましたね…。とりあえず再提出が可能か聞いてみます」

で、その後どうだったかというと、再提出できました!

どうやら書類は受け取ったものの、まだ中をみていなかったようで、あっけなく再提出ができました。
相手企業も間違えた書類は見ずに廃棄してくれたようです。

転職エージェントに聞いたところ、まずは単に再提出が可能かを確認してくれたようで、会社名を間違えたことを相手は気づいていないだろうということでした。

というわけで、再提出がうまくいく場合もあるという体験談でした。
ちなみに書類選考は無事、通過しました。

単に運が良かったのかもしれませんが、転職エージェントが間に入る場合は、その転職エージェントが正しい判断をしてくれるので、ある程度のミスは挽回できるのです。

ミスの程度によって対策を変えよう

私の場合は幸運にも書類選考に影響はしませんでした。
しかしながらたとえ再提出ができたとしても、企業の採用担当者によっては「再提出をした」という事実で、印象が悪くなることがあるでしょう。

ちょっとした誤字などの軽微なミスなら再提出はやめて、おとなしく書類選考の通過を願っている方がよいかもしれません。
そしてもし通過したなら、次の面接の場で間違いを素直に謝るのがいいと思います。

大事なページをまるごと脱落して提出したなど大きなミスの場合は、そのままでは、よほどのことがない限り書類選考通過はないでしょう。

この場合は、気づいた時点で転職エージェントに連絡し、再提出ができるよう尽力してもらうしかないです。
再提出がどうしてもできなかったら、きっぱりとあきらめましょう。
たとえ再提出ができても、かなり印象が悪くなっていることを自覚して、ほぼ書類選考通過は無理だと思っておきましょう。

逆にいえば、このような状況で万が一にも書類選考を通過した場合は、これは相手企業先がかなり自分に期待しているということだと思って、自信を持ってもいいのかもしれません。
なぜなら、致命的なミスがある書類であるにもかかわらず通過させているということは、そのミスを凌駕する何らかの魅力が自分にはあるということだからです。

この場合も次の面接でミスを謝罪しましょう。
それほど責められることなく、普通に面接が行われると思います。
あんなミスをしたのに面接に呼ばれているんだからと、落ち着いて頑張りましょう。

転職エージェントへの連絡がまず大事

どんなミスにせよ、間違いに気がついた時点ですぐに転職エージェントに連絡するのが正解です。
自分だけの判断で、勝手に行動してはいけません。

転職エージェントは、こういう場合の対処方法に慣れています。
少なくとも、応募した企業のことについてはあなたよりも知っているでしょうし、何か問題が起きた時にその企業の場合はどうすればよいかをわかっているはずです。

私の例では、優秀な転職エージェントが担当であったことが幸いでした。
さらに応募した企業が柔軟に対応してくれたことも大きかったことでしょう。
転職エージェントはそのことを知っていたうえで再提出の可否を聞いてくれたのだと思います。

転職エージェントに対応策を任せて、次からは予防策を

提出する書類は間違いをしないようにするのは当たり前ですが、もし提出後に間違いに気がついた場合は、すぐ担当の転職エージェントに連絡すべきです。

何度も言いますが、自分だけで判断はしてはいけません。
転職エージェントを通さずに、直接応募企業に連絡するなんてもってのほかですよ。

まずは素直に転職エージェントに事情を話し、相談するのがミスを挽回する最初の一歩です。
後は、転職エージェントの指示に従って、結果を待ちましょう。

また、今後転職エージェントに書類を提出する際は「間違いがないかご確認の上、相手企業様に提出をお願いします」と、予防線を張るのもいいでしょう。
何かあった場合は、言葉は悪いのですが確認をしなかった転職エージェントのせいにして、その後の対応に尽力してもらうためです。

直接応募の履歴書・職務経歴書の再提出の可否

企業のホームページや求人情報サイト経由で、自らの手で直接応募するのも、転職活動の一つです。
自分の判断で好きな企業に応募できるので便利な反面、転職エージェント経由と違って、チェックをする人がいないのでミスがおきやすいというのがデメリットになります。

ではこの直接応募で一度提出した書類に間違いを発見した場合、訂正したうえで再提出をすることはできるのでしょうか?
またできたとしても、選考にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

再提出は、何度でも自由にできるが…

直接応募ですので、何事も自らの判断によります。
したがって、もう一度書類を提出するのもそれを自分が良しと思えば、可能なのはある意味当たり前でしょう。
では、再提出した場合、選考過程においてプラスになるのでしょうか?

再提出は、ほぼ悪影響しか及ぼさない

少したとえ話をします。
あなたに第一印象が悪かった人がいたとしましょう。
その後その人が、少し良いことをあなたにしても、なかなか最初の悪い印象を変えるのは難しいですよね。

また逆に第一印象が良かった人がいたとします。
この場合にはその後、あなたに少し良いことをしたとしても、良い印象はそのままなのは当たり前ですよね。
しかしながら、一度でも悪いことをすれば、最初の良い印象はもうなくなってしまいます。

これと同じことが書類の再提出にもいえるのです。
間違いのある書類を提出し、悪い評価をつけられた場合には、その後良い書類を提出してもその評価を覆すことはほぼできないでしょう。

また、自分が「ミスった!もう一度提出しよう」と思っていても、応募企業先の採用担当者はもしかしたら、あなたの書類に良い印象をもっているのかもしれません。
このように良い評価を得ているのに、再び書類を提出した場合、その再提出書類がさらに良いものならいいのですが、悪かった場合には、最初に得られた良い評価が撤回されかねません。

以上をまとめます。
【最初の書類が良い評価の場合】→同じ評価を得るだけか、悪くなるかのどちらか
【最初の書類が悪い評価の場合】→良い評価へと変えるのは難しく、悪い評価のまま

つまり、再提出をすれば、悪い評価を得る可能性が高まってしまうということです。

一度提出した履歴書・職務経歴書の間違いに気が付いた場合は、訂正して再提出したくなる気持ちを抑え、じたばたせずに、書類選考を通過すればラッキーぐらいの気持ちでいる。
これが結局一番いい対処法になります。

残念ながら、間違いのある書類を提出した時点で、あきらめた方がいいのです。
そして幸いにも書類選考を通過した場合には、面接の場において書類にミスがあったことを丁寧に謝るのがいいでしょう。

ミスを防ぐためにも大手転職エージェントに登録すべき

最後に、私がミスを起こしたのは30代後半でしたが、そのような人におすすめの大手転職エージェントを紹介します。

やはり何か起きたときには、様々な経験を有する大手転職エージェントが一番信頼できます。
まだ登録していない人は、それぞれの転職エージェントについて私の経験からのコメントを書いているのでぜひ参考にしてみてください。

大手転職エージェントをまだ使っていない人は、ぜひその便利さを体感してみるべきです。
あなたに代わって、色々と動いてくれる人がいるのは、転職活動に大変有利ですよ。
【厳選】30代後半はここに登録!おすすめ大手転職エージェント!

私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで転職が初めての人におすすめ。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談に時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれた。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェント。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思う。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できる。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くに人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれた。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立った。
拠点も全国にあり。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録しておくべき。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、何事も強気に推し進める面がある。
転職をする人なら必ず登録するべき最大手転職エージェント。
もちろん拠点も全国にある。

スポンサーリンク
転職コラム
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント