転職エージェントとの面談の場所はどこで行うべきか?

使いこなせ!転職エージェント

「転職エージェントから面談の案内が来たけど、職場近くまで来てくれる?!どうしようかな?」

転職エージェントに登録した後に行われるのが面談です。
担当エージェントから面談に関するどんな案内が来たでしょうか?

今後の転職活動を円滑に進めるためにも、エージェントとの面談場所は重要になります。
面談場所について、この記事を参考にして担当エージェントに返事をしましょう。

転職エージェントとの面談場所の例

転職エージェントからの連絡は、担当となるエージェントから「あなたの経歴に興味がある。つきましてはぜひ何月何日にどこどこで面談したい」的な内容だと思います。

まず大前提として、提案されたものから出来る限り早い日程を選びましょう。
気になる求人案件の募集がいつ終了してもおかしくないからです。

では面談の場所はどこで行うべきでしょうか?

一般的には面談の場所は、①転職エージェントのオフィスに訪問②電話面談③職場近くの喫茶店など出先での面談の3通りがあります。

①転職エージェントのオフィスに訪問

普通は転職エージェントからオフィスに来社するよう、都合の良い時間が聞かれることでしょう。

オフィスに来るよう指定されれば何も問題はないです。
求人資料が多くある転職エージェントのオフィスで面談を行うべきですし、あなたに興味を持つ他のエージェントも会いたがるかもしれません。

何より、秘密が保たれる場所で、ざっくばらんに面談ができるでしょう。
オフィスでの面談を指定された場合は、そのまま素直に従いましょう。

②電話面談

①の都合がつかなかったり、転職エージェントのオフィスの場所が遠い場合などは電話による面談が行われます。
さらには、転職エージェントがあなたに求人を紹介をするかどうかの判断に困る時に、まず電話で様子を探られることもあります。

オフィスが家の近くにあって行くことも可能なのに、電話による面談をすることはおすすめしません。
自分から電話面談を提案することは避けましょう。

やはり面と向かっての方が相手に転職をしたい熱意を伝えやすく、また相手の反応をみながら会話ができると思います。
また担当エージェントとの相性も顔を見ながらの方がよりわかるでしょう。

どうしても都合がつかず電話面談になった場合は、静かで落ち着いた一人っきりになれる場所で受けましょう。
自分の家で受けるのが一番です。
その日は有休を取って電話面談に備えましょう。

たとえ電話であっても、目の前に担当エージェントがいると思って緊張感をもって行いましょう。

なお、特に理由もないのに電話だけで簡単に済まそうとする転職エージェントは信頼できません。
私も過去に、軽く電話だけで済まされ許可もしてないのに、登録時の資料を使って勝手に企業に応募された事があります。
そんな悪質エージェントには注意しましょう(そもそも電話面談のみをうたっている転職エージェントもあります。そこはスピード重視の転職をモットーとしているようです。自分に合っているなら良いと思います)。

③職場近くの喫茶店など出先での面談

あなたの経歴が良く転職エージェントが興味を持った場合、積極的にエージェントがあなたの近くの場所まで出向いて、そこでの面談を提案されることがあります。
例えば、会社の休憩時間にでも会いませんか?なんて言われます。

近くまで来てくれることはありがたいと思うかもしれませんが、これは避けるべきです。

どこで誰が見ているか分かったものではなく、今勤めている会社に転職活動をしていることが知られてしまう恐れがあるからです。

面談場所は転職エージェントのオフィスでやるべき

上で述べたとおり、②電話面談③出先での面談はリスクがあります。
時間の都合がつく限り、①の転職エージェントのオフィスに訪問しそこで面談をしましょう。
もしどうしてもそれ以外の場所で行うなら、「電話面談の場合は、有休を取得して自宅で受ける」「出先での面談の場合は、職場近くは避ける」を頭に入れて、調整してください。

面談が成功することを祈っていますが、相手エージェントとの相性が悪く求人案件を紹介されないなど不本意な結果でもまだ転職エージェントはありますよ。
下の記事の30代後半の転職エージェントの選び方の記事を参考に、よりよい転職エージェントを見つけなおしましょう。
30代後半が登録すべき転職エージェント!その選び方とは?

私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで、転職が初めての人におすすめです。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談時に、時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれました。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェントです。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思います。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できます。

JAC Recruitment ジェイエイシーリクルートメント

売上規模で業界3位の大手転職エージェント。
登録した転職成功者の7割以上が30代後半で、まさしくこのサイトおすすめの転職エージェントでしょう。

外資系に強いコネクションを持っていて、外資系に転職したい人は必ず登録すべき転職エージェントの一つです。
日本企業も多くの求人情報があり、マネージャー職以上のハイクラス層が主なターゲットとなっています。
築いた経歴に自信がある方、よりステップアップしたい方は登録すべき転職エージェント。
他の転職エージェントでは紹介されないシークレットな求人案件に出会える確率が高く、個人的には一番お世話になった転職エージェントです。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録すべき。
ライバルに負けないためにも情報は多く持っておくべきです。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、どのエージェントもやる気があり、弱気になりがちな私たち転職希望者を勇気づけてくれます。
転職を希望する人なら必ず登録するべき最大手転職エージェントです。
もちろん拠点も全国にあります。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くの人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれました。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立ちます。
拠点も全国にあり。

使いこなせ!転職エージェント
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント