知って安心!転職エージェントとの初めての面談の流れ

使いこなせ!転職エージェント

「転職エージェントに登録したけど、次は面談だよね?どうしよう・・・」

初めて転職する人にとって、転職エージェントとの面談はとても不安に思うことでしょう。
私も最初は大変緊張したものです。

不安に思うのは、この先のほぼすべての転職活動は転職エージェントを通して行うことになるからです。
30代後半の人にとって転職エージェントの利用は必須ですので、なおさらでしょう。

当たり前ですが転職エージェントの推薦がなければ、企業に紹介されません。
そう、転職の開始である応募の時点でもうすでに転職エージェントが成否を握っているのです。
転職エージェントとの面談に対して不安に思うのは当然のことでしょう。

まず、ここでは転職エージェントとの面談の流れを押さえてください。

スポンサーリンク

担当エージェントの決定

まず面談の相手となる担当エージェントはどうやって決まるのでしょうか?
基本的には、一人の転職希望者に対して一人のエージェントが担当としてつきます。

それぞれのエージェントには得意な業界や分野があり、企業と日々連絡し求人情報を集めています。
逆にこんな経歴を持った人がいますよと企業側にアプローチをかけることもあります。
この情報収集能力や、アプローチ能力はエージェントによって技量に差が出ます。

どのようなエージェントが自分の担当になるかどうかで、その後の転職活動が左右されるのです。

まずは転職エージェントに登録した履歴書や職務経歴書などから判断され、担当エージェントが決定されます。
ここで自分が転職を希望する業界や分野に強いエージェントに担当になってもらわなければ無駄足です。

さらにエージェントが企業にアプローチしたくなるような人材だと思ってもらえないと、力のあるエージェントが担当につかないでしょう。
だからこそ転職エージェントに登録する際の書類の出来は大変重要なものになるのです。

そのためこのサイトでは、転職エージェントに登録する前に、企業に出してもおかしくないレベルの職務経歴書を作成することを強く推奨しています。

以下の記事を参考に職務経歴書を作るといいでしょう。
参考
30代後半で書類選考通過率8割!職務経歴書の作成の3つのポイント

書類選考通過率UP!30代後半の転職の志望動機の書き方とは?

登録の段階で良い職務経歴書を提出できれば、あなたの事を気に入り、力のあるエージェントが担当についてくれる可能性が高まります。
気合を入れて登録をする前に職務経歴書を作成してください。

転職エージェントからの連絡

登録後、しばらくして転職エージェントから面談の日時の連絡が来ると思います。
早い場合は登録した日に、遅くとも2,3日後には来るでしょう。

これには迅速に返事をし、なるべく早い日どりにしましょう。
いつ希望の求人募集が閉鎖するかわからないからです。

しかしながら紹介を断られる返事が来たり、そもそも返事すら来ない場合も普通にあります。
この場合は、その転職エージェントと合わなかっただけですので、気を落とさずその転職エージェントのことは忘れましょう。

その転職エージェントの求人案件はとても気になるものだったかもしれません。
まだあきらめるのは早いです。
同じ求人を他の転職エージェントも募集している場合があります。

enミドルの転職で他の転職エージェントが募集してないかもう一度探したり、他の大手転職サイトでも探せばあるかもしれません。

転職|30代、40代のハイクラス転職サイト【ミドルの転職】エンジャパン
30代・40代のハイクラス転職ならエン・ジャパンの【ミドルの転職】。年収1,000万円以上の求人を5,000件以上掲載。経営幹部・CxO・管理部長・営業部長など、会員限定の非公開求人スカウトも多数。

また求人案件の文章をネット上で検索すれば、扱っている転職エージェントを見つけることができるときもあります。

もしそのような転職エージェントを見つけることができたら、良い人材と思ってもらうように、職務経歴書をもう一度良く考えて見直し、その希望の求人を扱っている転職エージェントに登録し、再挑戦しましょう。

面談日や時間について

土曜日など休日に面談日を設定してくれる転職エージェントもありますが、一般的には平日に行われます。

現職の終業後や有休を取得して日中に面談をすることになると思います。
前もってスケジュールを考えておきましょう。

面談に要する時間は、2時間弱くらいです。

一般的な流れとしては
自己紹介⇒事務的な案内⇒経歴・職歴などの確認⇒転職の希望条件の聴取⇒求人紹介
となります。

場合によっては2,3人のエージェントと面談することがあります。
面談の後には予定を入れずに、時間が長引くことを念頭に開けておきましょう。

転職エージェントとの面談に慣れるには、やはり多く経験することです。
30代後半におすすめの大手転職エージェントに登録し、面談をこなしていきましょう。
【厳選】30代後半の転職に強い!大手転職エージェント

私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで転職が初めての人におすすめ。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談に時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれた。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェント。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思う。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できる。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くに人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれた。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立った。
拠点も全国にあり。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録しておくべき。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、何事も強気に推し進める面がある。
転職をする人なら必ず登録するべき最大手転職エージェント。
もちろん拠点も全国にある。

スポンサーリンク
使いこなせ!転職エージェント
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント