転職の面接終了後にやるべきこと・やってはいけないこと

面接のテクニック

面接お疲れ様でした。

以下で学んだことが役立ちましたか?
面接対策【質問と回答例】

面接が終わってホッとしているかもしれませんが、ここで気を抜いたら、合格から離れてしまいますよ。
転職の面接が終わった後に何をやるべきか、やってはいけないかを教えます。

スポンサーリンク

面接が終了した後のエージェントへの対応

面接が終わったら、遅かれ早かれ担当エージェントから連絡が来ます。
電話やメールで「面接どうでしたか?」的な内容です。

「私の事気にかけてくれてるのかな。うれしいな」なんて能天気に思わないように。
エージェントが連絡をしてくるのは、単にあなたから情報を得たいからです。

あなた以外の応募者のために、面接の場でどんな質問が出たかなどを知りたいのです。
また、今後この企業が別の求人を募集した場合に備えて、情報を集めてるのです。

ですので、転職エージェントに
「どんな質問が出ましたか?」
と聞かれて、馬鹿丁寧に具体的詳細に答えてもいいことはないですよ。

その転職エージェント経由で同じ求人に応募している人がいるかもしれません。
その情報を得たライバルが有利になるだけで、あなたの合格が遠のくことになります。
適当に「一般的な質問だけでしたよ」なんて言ってごまかしましょう。

「面接を受けてみて志望度は上がりましたか?」
このような事も聞かれます。

これには実際はどう感じたかは関係なく「ぜひ入社したくなりました」的な前向きな答えをしましょう。
エージェントは企業からあなたの志望度について聞くよう頼まれてます。
そしてエージェントはあなたの気持ちをそのまま企業に伝えてます。

ここで「う~ん、ちょっとイマイチであまり入社したくないですね・・・」のような事をエージェントに言ってしまったら、面接の出来が良くても次の段階には進めません。

その企業に入社するかどうかは全てが終わってから判断すればいいのですから、わざわざ自分から途中で辞退するような事を言う必要はありません。

全ての選考が終わるまでは前向きな態度を演じていましょう。

なお、担当エージェントには適当に面接内容を伝えるとはいうものの、今後の事を考えて「エージェントさんのおかげで、面接試験に安心して臨めました。ありがとうございました」的な感謝の言葉を言っておきましょうね。

面接終了後のお礼メールについて

転職エージェント経由で応募した場合、応募企業の連絡先は分からないのが普通です。
面接が終わって、例え面接官にお礼メールがしたくてもできないでしょう。

そもそも転職エージェントを使った転職の場合は、お礼メール等は不要です。

どうしても何かを相手企業に伝えたい時は、エージェントに相談してエージェント経由で伝えてもらう事になると思います。

ぶっちゃけて言うと、ほとんどの採用担当者はお礼メールなんて採用過程においてプラスになるとはと思っていません。
それどころか、余計なことをお礼メールに書いて、
「面接はよかったのになあ・・・。なんだこの文面?」
なんて思われたら、おしまいです。

お礼メールなんて出していいことなんてありません。
出さなくても受かる人は受かるのです。
面接がだめだった人がお礼メールで救われるなんてことは、まずありません。

お礼メールは出さない。
そんなことより次の面接の練習に時間をあてるべきです。


初めて訪れた方へ
このサイトの説明と私の転職経験などが書かれたトップページからどうぞ
私が実際に利用していた転職エージェントの感想
パソナキャリア

取引実績企業16000社以上の求人数業界トップクラスの大手転職エージェント。
懇切丁寧なカウンセリングが売りで転職が初めての人におすすめ。
女性の転職にも強い印象。

最初の面談に時間をかけてキャリアの方向性を親身になって考えてくれた。
押しが強い転職エージェントが多い中、転職する本人の事を第一に考えてくれる本当に良い転職エージェント。
ここにまず登録したからこそ、転職について深く考えることができ、納得できる転職ができたのだと思う。
拠点も全国にあり、地方在住者も安心して利用できる。

dodaエージェントサービス

全国10万件以上の求人数を誇る業界2位の大手転職エージェント。
やはり多くに人が登録するものには、登録しておかないと情報戦に負けます。

紹介される案件の量が他の転職エージェントより多く、気になった企業をこちらから言えば求人票を見せてくれた。
たくさんの企業を受けて様々な可能性の中から転職したい人にはおすすめ。
転職活動のテクニックやノウハウについても大手だけに蓄積されていて役に立った。
拠点も全国にあり。

リクルートエージェント

業界1位の大手転職エージェント。
求人数が業界で一番多い。
転職希望者の登録数も一番で、転職に関する様々な情報量が集まりやすく、情報入手のためにも登録しておくべき。

リクルートグールプに共通する社風によるものだと思われるが、何事も強気に推し進める面がある。
転職をする人なら必ず登録するべき最大手転職エージェント。
もちろん拠点も全国にある。

スポンサーリンク
面接のテクニック
30代後半の転職を成功へ!【印象に残る職務経歴書と面接】

コメント